電話加入権が必要ない新たな電話|様々な場面で電話を活用

オフィス

3つに分かれた回線

男の人

私たちが子供のころから何気なく利用している電話という公共サービスですが、その電話を使うためには電話回線が必要となります。中には引っ越しなどに伴い電話回線を新たに引き直す家庭も多くあることでしょう。1つの種類として思われがちな電話回線ですが、実は3つの種類に分かれているのが特徴的です。各電話回線の特徴やメリットを把握しておくことでより安くより早く電話やその他の通信サービスを利用することができるので知っておいて損はないといえるでしょう。昔からよくある電話回線として代表的なのがアナログ回線です。黒電話のころからある回線で、銅線と利用して全国各地へと普及していきました。原理は糸電話と同じで、音声が銅を伝っていく仕組みとなっています。
そして2つ目に挙がるのがデジタル回線で、少し前まではこの回線をよく業者が宣伝していました。アナログ回線の銅線を利用するタイプですが、伝わる音声信号が0と1のデジタル信号なので、アナログ回線に比べて音声がきれい聞こえるや1つの銅線で2つ分の情報が送信できるというメリットが存在します。そして今もっとも多くの家庭で普及しているのが光の点滅を利用した光回線だといえるでしょう。アナログ回線やデジタル回線は銅線を電気信号で送りますが、光回線はファイバーケーブルというガラス線の中を光が通過していきます。光というのは最も速く移動できるものなので、3つの中で1番早い回線だといえるのです。