電話加入権が必要ない新たな電話|様々な場面で電話を活用

オフィス

非常に安い電話サービス

電話

インターネット回線や電話回線を新たに契約するときによくひかり電話という言葉を耳にします。ひかり電話とは光ファイバー網を使った電話サービスの呼称で大手電力会社や通信会社などインフラを整備している企業がサービスとして提供しているのです。電話単独でも使用することは可能ですが、インターネット回線と同時に利用するケースが多いといえるでしょう。これまで電話回線とインターネット回線は別の接続機器を中継して、利用していましたがひかり電話はその2つが1つに集約されているので配線なども綺麗に整えることが可能といえます。その他にもひかり電話はいくつかのメリットがあるので覚えておくと実際に契約する際の参考となるでしょう。
まず大きなメリットとして挙げられるのが電話基本料金の安さです。通常の電話回線であれば1本1500円から2500円ほどですがひかり電話の場合は1回線500円という非常に安価な料金設定となっています。2つひいても1000円なのでFAX用に回線を引くのもありだといえるでしょう。また、通料金も安いのがひかり電話の特徴ともいえます。通常の電話回線の場合は距離に応じて変わる料金が変動しますが、ひかり電話は3分間一律8円という破格の料金設定となっているのです。市内通話でも市街通話でもこの料金設定は変動しないのが強みだといえるでしょう。また、通常の電話からひかり電話に乗り換えても電話番号はそのまま残すことができます。このようにひかり電話は優れたサービスだといえます。