総務作業をアウトソーシング会社に委託【手頃な価格で利用できる】

オフィス

案件とその管理の重要性

企業において、案件を適切に管理することが重要になる。適切に管理することで、問題点などをいち早く把握でき対処できる。これらを行なうものが案件管理システムであり、導入時には把握のしやすさなどを重視して選ぶと良い。

詳しく見る

固定電話

効率化とアウトソーシング

休日でも窓口対応のために出勤を余儀なくされる、電話対応に時間が取られて業務が進まないといった悩みの解決に一役買うのは電話代行です。料金も安く、代行であることを知られる可能性も低いため、会社の規模や業種にとらわれずに利用できます。

詳しく見る

通話

おもてなしの対応を提供

仕事の生産性と顧客への対応を向上できるのが、電話代行サービスの利用です。訓練を受けた専門のオペレーターが、秘書のように電話に対応してくれます。士業や専門業にも対応しているため、業種を問わず利用できます。

詳しく見る

社内

派遣やパートが多い

コールセンターの業務はクレーム処理專門にしたり、顧客対応專門にしたりできるので効率的です。それに、派遣社員やパート、アルバイトなどを多く雇うことができます。このような業務をスムーズに行うためには、専門的なシステムの導入が必要です。

詳しく見る

男性

外部委託の利点

最近のアウトソーシングは、倉庫作業や出荷業務だけでなく、総務や経理といった事務部門でも利用されています。保守的な会社は、事務部門の外部委託には反対しますが、事務部門をプロに委託することで、社内の問題解決にも寄与できるのです。

詳しく見る

他の業種より安価な相場

女の人

条件によって異なる料金

総務のアウトソーシングは、非常に活発な市場です。しかし、いずれの業者においても、パンフレットやホームページ上では詳細な料金を明示していません。そのため、詳細な見積もりを得るためには、業者とコンタクトを取って打ち合わせを行う必要があります。その際には、複数の業者と相見積もりを取ると良いでしょう。そうすれば、適正な価格相場を把握できるメリットがあります。総務のアウトソーシングは、営業やシステム開発などの業種のそれよりも、安価な料金相場といえます。その理由は、以下に述べます。まず、ほとんどの場合、自社オフィスで業務をこなす形式になります。総務が担う仕事内容は、企業によって相違が大きい上に、その範囲が広い特徴があります。よって、どの部分の業務をアウトソーシングするかが問題になるとはいえ、事務仕事や対面仕事がほとんどの割合を占めます。ゆえに、依頼先のスタッフが自社のオフィスで就業する傾向があります。そのため、仕事場所を契約するコストを回避できます。また、技術職の人材が少ない点が挙げられます。アウトソーシング価格は、仕事の難易度によっても価格相場が変動します。よって、総務の職に多く見られる、ルーティン化された事務仕事や受付業務は、比較的安価な技術費で委託が可能です。しかし、アウトソーシング先の業者のシステムを利用した会計ソフトなどを利用して業務を依頼する場合は状況が異なります。その際は、ソフトの導入コストや、保守点検費用の負担を考慮する必要があります。また、業者に依頼する上では費用だけでなく、提供しているサービス内容などにも注意しなければなりません。現在では秘書代行やデータ入力代行など様々なサービスを提供しているところが多いですが、業者によっても内容は異なります。そのため、依頼する際には事前に確認しておくようにしましょう。秘書代行サービスであれば電話の応対を行なってくれるサービス内容になっており、電話を取ることができなかった際に代わりに応対してもらうことができます。秘書代行サービス業者で完結できることもあるため、自社の業務を減らすこともできるでしょう。また、メールなどで報告してもらうこともできるので安心することができます。

Copyright© 2018 総務作業をアウトソーシング会社に委託【手頃な価格で利用できる】 All Rights Reserved.